外資系転職で求められている技能や資格

技術系の国家資格を持つ人は転職時に優遇してもらえることもある

外資系転職で求められている技能や資格は、各企業の業務内容や職種によりますが、ITや機械、電機など技術系の国家資格を持つ人は、転職時に給料や手当の面で優遇してもらえることがあります。特に、様々な分野の優秀な人材を中途採用している外資系企業の中には、難易度の資格を持つ人を対象とした試験を実施するところもあり、収入アップを目指す人にとって絶好のチャンスとなっています。また、採用試験で有利に働く資格の種類について知りたいことがあれば、各企業の人事担当者に質問をしたり、転職説明会に足を運んだりすることがおすすめです。その他、履歴書や職務経歴書などに保有する資格の種類や、資格に関係がある実務経験について分かりやすく記載しておくことが肝心です。

語学に関する技能に自信がある人は様々な職種で活躍しやすい

語学のスキルに自信がある人は、外資系転職を成功させた後に様々な職種で活躍できることから、妥協をせずに勤務先を選びましょう。中でも、長年にわたる海外勤務の経験がある人や、海外留学をして学位を取得した人などは、外資系企業の採用試験の際に高評価を受けられることがあるため、余裕を持って求人探しを始めることが大事です。一般的に、外国人の顧客や取引先とスムーズにコミュニケーションを取るには、高度な語学のスキルが要求されることがあるため、転職前に語学学校に通ったり、通信教育を利用したりしてスキルを磨いておくことがおすすめです。なお、仕事上で語学力を特に生かせる職種について調べるために、複数の外資系企業の事業内容や主な仕事内容などを比較しましょう。