外資系転職と聞いた場合、世界で活躍するような華やかなイメージを持つ方もいるのではないでしょうか。ここではそんな外資系転職について様々なことを書いていきますね。もし外資系に転職したい場合は参考にしてみてください。

外資系転職について

外資系転職って、普通の会社の仕事内容と具体的にどう違うのか知らない方も多いと思います。外資系転職には数々の魅力的なメリットがあり、それらを活用することでいままで以上に仕事で活躍することができたりもするんです。

普通の仕事と違うの?外資系転職の概要

外資系企業にはどのような特徴があるかというと、国籍や人種、年齢や性別などの点で日本企業のように閉鎖的でないことが挙げられます。個人をしっかり尊重しているので、皆と合わせなければならないというプレッ…

職場で活躍しよう!外資系転職のメリット

日本企業の中にも実力至上主義や男女平等、コンプライアンス遵守といった考え方がようやく浸透して来ましたが、残念ながら大企業の中にも、それらの約束事が建前になっている組織が多いです。今現在の組織に不満…

注意!外資系転職のデメリット

職場での成果によっては早期にリストラの対象となることもある

外資系企業は、日本企業とは人事評価の仕組みが大きく異なるところが多く、職場での成果によっては早期にリストラの対象者に選ばれることもあるため、転職の際には十分な注意が必要です。特に、仕事の成果が最重視される外資系企業においては、過去の経験が重視されない傾向があり、転職後に給料が下がってしまう人も少なくありません。また、性別や年齢、国籍などに関係なくキャリアアップのチャンスがある外資系企業においては、職場内での人間関係が上手くいかなくなるケースもあります。こうしたリスクに対処をするうえで、転職活動中に関心がある企業の見学をしたり、採用担当者に転職後の働き方についてアドバイスを聞いたりすることが大事です。

海外転勤の可能性が高い企業は家を購入するタイミングが難しい

職種を問わず海外転勤の可能性が高い企業は、転職をした後に家を購入するタイミングが難しいといった問題があります。そのため、将来的に新居の購入を考えている場合には、外資系企業の求人選びをする際に、海外転勤の機会が少ないところや、地域限定社員の募集を行っているところを探しましょう。最近では、ワークライフバランスの理念を積極的に導入している外資系企業をはじめとして、社員が仕事と家庭生活との両立を図りやすいよう、転勤に関する希望を最大限に聞き入れているところが増えています。そこで、外資系転職の後に不満を感じないために、自分自身のライフスタイルや将来設計などを考慮しながら、安心して勤められる外資系企業を見つけることが大事です。

外資系転職の特徴

外資系へ転職したら給料は?

外資系企業では、国内企業よりも高く給料が設定されていることが多く、転職を成功させた時点で以前の職場よりも給与面に関する待遇が改善することはよくあります。もともと外資系企業で採用される人材はスキル面…

外資系転職の勤務地

外資系転職を考えている方の中には、外資系に行くことで頻繁に勤務地が変わるのではないかと思っている方も少なくありませんが、そもそも外資系の企業には転勤という概念があまりない会社が多く、基本的に募集さ…

外資系転職で求められている技能や資格

外資系転職で求められている技能や資格は、各企業の業務内容や職種によりますが、ITや機械、電機など技術系の国家資格を持つ人は、転職時に給料や手当の面で優遇してもらえることがあります。特に、様々な分野…

>

経理の転職は需要が高い