普通の仕事と違うの?外資系転職の概要

外資系企業の特徴とは?

外資系企業にはどのような特徴があるかというと、国籍や人種、年齢や性別などの点で日本企業のように閉鎖的でないことが挙げられます。個人をしっかり尊重しているので、皆と合わせなければならないというプレッシャーはなく、自由度の高い働き方が可能です。日本企業の給与形態は年功序列であるケースが多いので、若い内だと給料が安いということが多いのではないでしょうか。一方、外資系企業は結果を出せば若い人でも出世するチャンスがあるので、若くて才能のある人は外資系企業へ転職することによって高い収入を得ることもできます。また外資系企業ではさまざまな国や人種の方が働いているので、自分の世界観を広げることができ、価値観を変えることができるでしょう。

仕事と休みにメリハリがある

外資系企業で働くとどんなメリットがあるかというと、仕事と休みのメリハリがしっかりとしている点です。外資系企業で働いているといわれると、バリバリと働いているイメージがあるので、とても忙しいのではないかと考えている方が多いのではないでしょうか。確かに繁盛期などはとても忙しいですが、常に忙しいというわけではなく、休みもしっかり取ることができます。また日本企業のように上司の様子をうかがいながら残業するということは全くなく、自分の仕事が終わればすぐに帰ることが可能です。有給休暇も仕事に支障がなければ自由に取ることができます。逆に有給休暇を取らないと仕事が遅い人だと判断されて評価が下がってしまうこともあります。このように外資系企業は日本企業と違う面が多いです。